MENU

合コンで男性陣に嫌われる女幹事の特徴とは?

合コンと言えば、男性と女性の出会いの場でもありますし、幹事の人柄や人間性が問われる場でもあります。

 

幹事は人選からお店選びまで自分の好きにプロデュースできるので、いわば幹事の独断で何でも決めることができるというプロデュサー的な役割をになっています。

 

そんな自由な立場だからこそ、合コンメンバーの組み合わせなども公正にできるバランス感覚が問われますが、なかには自分の事しか考えていない幹事もいます。

 

そんなあざとい幹事の合コンでは、もう二度と関わりたくないと思ってしまいますが、実際にはどのような幹事が合コンでは嫌われるのでしょうか?

 

自分が幹事になったときの参考までに、嫌われ女幹事の実体をみてみましょう。

 

●合コンで男性陣に嫌われる女幹事の特徴とは?

 

・あれ?いつもと違う?合コンの時だけファッションが違う

たちが悪い女幹事の例として、男性陣には合コンするお店や時間帯を知らせておき、女性陣には事前に合コンの事を知らせず、当日いきなり「飲み会」と称して他の女の子を呼び出しメンバーを誘い出すという、美人局もびっくりな悪質商法のような、だまし討ちのような方法を使う女幹事。

 

当然自分はばっちりメイク&モテ系のファッションで身を固め、男性にこびを売る姿は男女共にドン引きですよね?

 

ここまで極端な人は少ないかもしれませんが、あらかじめ女性側にも打診をしていないのはかなりの悪質ぶりです。これではどんな美人でも、性格や人間性を疑われても文句はいえません。

 

・自分よりかわいくない&太っている女性陣を呼んで固める

幹事にはどんな人が来るかの選択権がありますので、どんな人が来るかは幹事の腕にかかってきます。

 

ところが自分を合コンの主役と勘違いした女幹事は、自分がかわいくみられることに一生懸命で、明らかに自分より見劣りするかわいくない女性や太った女性を連れてきます。

 

そして口を開けば「この子かわいいんだぁ」「性格がすっごく良くてね、女の子らしいの」とのたまいます。

 

男性は女性に比べ、一番最初の出会いはビジュアル重視の人が多いので、あまり何も考えていない男性なら唯一かわいい女幹事にアプローチを仕掛けるようになります。他の子はにぎやかしのためにいるという悲しい存在に成り下がり、合コンは盛り上がりません。

 

・女性をターゲットにした居酒屋を予約したがる

最近では女子会なる女子だけが集まる飲み会をメインターゲットにした居酒屋がありますが、そこのメニューが好きだからといって、甘いお酒やスィーツメニューが充実しているだけのお店を選ぶのは、男性にとってあまり楽しくはありません。

 

合コンではお酒が多少入らないと盛り上がらないのに、甘いお酒ばかりでは男性は飲み続けることはできません。男性の事も考えた合コンプランにする事も必要です。

 

おわりに

自分のことしか考えていない人というのは一般社会でも嫌われる対象ですが、自己中心な態度が合コンにまで及ぶとこの先の恋愛事情にまで影響を及ぼします。

 

男性は第一印象で女性のイメージを作ってしまいがちですが、性格の方もちゃんとみています。あくまでも合コンは男女の社交の場ですので、皆は楽しくなれる場を作る事に心を砕きましょうね♪