MENU

こんな重たい女は嫌!男性から嫌われる重い女の一言とは?

男性と女性というのは、同じ人類でありながら考え方がまったく違う部分があります。

 

特に恋愛関係では考え方が極端に違う場面が多く、そこを理解しないまま恋愛関係を続けていくと、色々とかみ合わず、女性側が良かれと思ってやった事でも、男性にとっては単なる「重い女」にしか感じられないという悲劇が生まれます。

 

そんな残念な事にならないように、男性が重いと感じる危ない一言をアドバイスしていきます。

 

●男性から嫌われる重い女の一言とは?

 

・「メールする時間もなかったの?メールくらいしてよ」
代表的な男女の考え方を表すのが、このメールをすぐ送る・送らない論争です。

 

男性は女性に比べ、メールを単なる連絡手段とした捉えていません。

 

ところが女性側は、メールを単なる連絡手段ではなく、コミュニケーションの一環として捉えているので、「メールをすぐに返さない=私と話したくないんだ」と考えてしまう事があります。

 

男性は元々メールをちまちま返すなどの作業を苦手としている人が多いうえに、いっぺんにひとつの事しか片付けられない男性は、仕事中は他のことが考えられません。ところが女性は仕事をしていても頭では彼の事を考えながら、手は動かすことができてしまうので、男性の気持ちをなかなか理解することができません。

 

男性がメールを返信するには、頭を仕事モードから彼女の事を考えるモードに切り替える必要があるので、たった数分の作業であるメールもできなかったりするのです。

 

・「毎日会いたいのに、何で毎日会えないの?好きなら会いたいって思うでしょ?」
若い頃なら時間もありますし、毎日会う時間を作ることも可能かもしれませんが、社会人ともなると、なかなか毎日彼女に会う時間を捻出できません。

 

こんな事を言われたら、男性は「無理難題を言って、オレの気持ちを試そうとしている」と感じる人が多いので、その裏にある「私がこんなに好きなのに、あなたは私のこと好きじゃないの?」という気持ちを察してあげることができません。

 

男性は精一杯やっているのに、これ以上オレに何を求めるんだ!とウンザリしてしまいます。

 

あまりワガママばかりを言っていると、男性の気持ちが冷めてしまいますので注意しましょう。

 

・「ねぇ、両親があなたに会いたいって言ってるんだけど・・・」
女性は何事も現実的に考える事が多いのに対し、男性は独身時代には結婚について深く考えることもありません。

 

女性は結婚で姓が変わったり、場合によっては仕事を辞めたり子育てをしなければいけないのに対し、男性は家に帰れば奥さんがいて家事などをしてくれるくらいの変化しかないためか、はっきり言って「よくわからない」というのが実情です。

 

こういった「結婚に向けての意識や準備」ができていない男性は、急にこんな事を言われると、途端に気分が重くなってしまいます。

 

まずはお互いの結婚観を話し合い、彼にも少しづつ意識を持ってもらう事が大切です。

 

おわりに

好きな気持ちが大きすぎると、相手の気持ちより自分の気持ちを優先させてしまうので、男性がついていけなくなる傾向がありますので、気持ちを少しクールダウンさせ、彼の気持ちを考え良い関係を築いていきましょう。

 

2015年の運勢を占うなら。。。
http://xn--2015-853c185rhzas876a.com/